予防について

当院では、治療後の虫歯や歯周病を予防する『虫歯の予防』『歯周病の予防』に力を入れています。治療前と同じような歯磨きの仕方では、またすぐに元通りの虫歯、歯周病になってしまう恐れがあります。

せっかく入れた冠も、歯磨きの仕方次第で20年使っても虫歯にならない人もいますが、5年もたたないうちに虫歯で、作り換えないといけない人もいます。冠や虫歯の詰め物は、人工のセメントや接着剤を使っていますので、必ず作り換えの時期が来てしまいます。新しく入れた冠、虫歯を埋めた詰め物、現在健康な歯を出来るだけ長くお使いいただくためには、日頃の歯磨きが大変重要になります。特に食事、間食の回数の多い方は、こまめに磨いていく必要があります。

ナイトガード(マウスピース)

また、歯ぎしりや食いしばりによって歯が欠けたり割れたり擦り切れたりしている歯がある方は、ご自分の歯やインプラントに異常な力がかかって、噛み壊してしまう可能性があります。そういった歯ぎしり、食いしばりの傾向がある方は、特に定期的なチェックと併せて、無意識の噛み締めによる過重負担を緩和するために『ナイトガード』というマウスピースのようなものを使用することを強くお勧めしています。

定期メンテナンス 予防治療のご案内

どの治療にも共通していることですが、『冠が入ったら治療は終わり』というわけではありません。患者さんと歯医者さん、お互いが力を合わせてお口の中をまもっていく、お付き合いの始まりです。

当院では、治療後の虫歯や歯周病を予防する『歯科における口腔内の全般的な予防』に力を入れています。治療前と同じような歯磨きの仕方では、またすぐに元通りの虫歯、歯周病になってしまう恐れがあります。特に食事、間食の回数が多い方は、こまめに歯を磨く必要があります。

そこで当院では、1~3ヶ月おきのメンテナンス(お手入れ)をお勧めしています。メンテナンスの時間は約30分間で、専用の道具を使って、お口の中全体の歯石や歯垢(プラーク)を綺麗に落としていきます。また、『各個人の歯ブラシや使い捨てのブラシ』を使用していますので清潔です。歯ブラシの仕方や歯間ブラシのサイズのアドバイスも必要に応じて行っていきます。

定期メンテナンスの内容

  1. 歯間ブラシ、フロスによる清掃
  2. 歯ブラシによるプラーク除去
  3. スケーリング(歯石取り)
  4. ステイン除去(ヤニ・茶渋)
  5. 機械ブラシによるプラーク除去
  6. ナノ粒子歯磨き粉による歯面滑沢化
  7. 歯科医院専用の高濃度フッ素塗布
  8. 虫歯、歯周病のチェック
  9. 冠や入れ歯のチェック
  10. ナイトガードのチェック
1
© Musashiseki Ekinaka Dental Clinic All Rights Reserved.
インプラント無料相談会